八王子駅の歯科・歯医者なら、相沢歯科

電話予約

コラム

コラム COLUMN

マウスピース矯正、食事中は装置を外しましょう

こんにちは。東京都八王子市にある歯医者「相沢歯科」です。

 

ここ数年で、目立ちにくい透明なマウスピース装置を使った矯正を希望される方が増えました。

周囲に気づかれにくいだけでなく、痛みを押さえて矯正できる、取り外しができるためお手入れが簡単といったメリットもあります。

 

ただし、飲食の際にはいくつか注意が必要です。

 

食事の前にマウスピース装置をはずしましょう

矯正中は飲食の際にマウスピースをはずすことが基本です。

毎回はずすのは面倒くさいと感じるかもしれません。

 

しかし、マウスピース装置はとても薄いため、食事の際にはずさず何度も噛んでいると、破損してしまうリスクがあります。

 

また、熱い食べ物の場合は、熱によって装置が変形してしまうかもしれません。

さらにカレーなど色の濃い食べ物だと、装置に色がうつる可能性も。

せっかく目立ちにくい矯正方法を選んでも、装置が汚れてしまっては意味がありませんよね。

装置をしたままではしっかり噛めず、食事を十分に楽しむことも難しいでしょう。

マウスピース装置は毎回必ずはずしましょう。

 

食後はしっかり歯磨きを

マウスピース矯正中は、歯が装置に覆われている時間が長いため、唾液による自浄作用が働きにくい状態です。

そのため、いつもよりもむし歯にかかりやすいため、丁寧な歯磨きが欠かせません。

 

歯を磨かずにマウスピースを装着してしまうと、汚れを歯に固定してしまうようなものです。

食後はデンタルフロスや歯間ブラシなども使って、お口の中をきれいに掃除しましょう。

 

歯を磨けないときは?

外食の際など、どうしても歯磨きができない場合もあるかもしれません。

そんなときは、お口をゆすいでからマウスピースを装着するようにしてください。

 

歯磨きできないと事前にわかっているなら、マウスウォッシュや歯磨きシートなどを準備しておくと安心ですね。

 

間食やジュースを飲むときはどうする?

食事のほかに、飴やガムといった間食をする際にも、装置は必ずはずしましょう。

糖分がマウスピースの内側に入り込むと、むし歯の原因となります。

 

またジュースなども糖分が含まれているので、外してから飲むようにしてください。

食べ物と同じように、コーヒーやワインなど色の濃い飲み物、熱い飲み物は、装置の着色や変形を招きます。

装置を着けたまま口にできるのは、基本的に水のみということを覚えておきましょう。

 

飲食の際は注意が必要なマウスピース矯正ですが、しっかりとケアをしていればむし歯は防ぐことができます。

 

マウスピース矯正に興味のある方は、東京都八王子市にある歯医者「相沢歯科」にお気軽にご相談ください。
 
 

矯正歯科|八王子駅の歯医者|相沢歯科|大人と子どもの歯並び