八王子駅の歯科・歯医者なら、あいざわ歯科

電話予約

コラム

コラム COLUMN

痛くないから安心、ではないむし歯の進行

皆さんこんにちは。
八王子駅の歯医者「あいざわ歯科」 です。

 

むし歯になったことがある方は多いと思いますが、どのような状態になったら「むし歯になった」と思いますか?
今回は、むし歯の進行についてお話しします。

 

エナメル質のむし歯

奥歯の溝に、白い斑点ができたのを見たことはありませんか?
これは専門用語で「ホワイトスポット」と言われる状態で、初期のむし歯に分類されるものです。
ホワイトスポットは、歯の表面のエナメル質が酸性になることで、エナメル質のカルシウム成分が少なくなる「脱灰」と呼ばれる現象が進んだ状態です。

よく、歯科検診などで歯科医師が「C0、C1」と言うのを聞いたことがあると思います。
ホワイトスポットは「C0」の状態で、ブラッシングやフッ素塗布だけで治療することが可能です。

「ホワイトスポット」の状態からむし歯が進行すると、その部分が黒ずんできます。
これは、歯の表面のエナメル質がさらに溶かされてしまった状態です。
まだ「しみる」「痛む」などの自覚症状がない場合も多いです。
「C1」と呼ばれるのはこうなったときで、早い方はこの状態で「むし歯になった」と思われるようです。

 

象牙質のむし歯

飲食をしたとき、冷たいものや甘いものがしみることがあります。
これは、エナメル質の内側の象牙質にまでむし歯が進行している状態です。
「C2」と呼ばれ、生活に支障をきたしてくるので、歯科医院を受診する方も増えてきます。

 

神経に達するむし歯

ほとんどのが「むし歯になった」と思うのは、歯が痛くなったときでしょう。
これは、象牙質の内側の神経にまでむし歯が進行している状態です。
神経までむし歯が達してしまっているせいで、何もしなくてもズキズキと痛みます
「C3」と呼ばれる状態で、かなりむし歯が進行してしまっているので、「根管治療」なども必要になってきます。

 

歯の根のむし歯

「歯冠部」と呼ばれる、歯ぐきから上の見える部分がほとんど壊れ、歯の根っこだけが残った状態は「C4」と呼ばれます。
歯の神経が死んでいるので痛みは感じませんが、炎症はさらに顎の骨まで進行することもあります。
歯の根っこの先に膿が溜まってしまうので、膿を取り除いてからむし歯治療を行い、被せ物をしますが、最悪の場合は抜歯の必要があります

この段階までむし歯が進行すると、顎の骨まで感染する恐れがあり、骨膜炎を起こして顔が大きく腫れてしまいます。

 

まとめ

歯は削ってしまうと再生することができないうえ、そのたびにもろくなってしまい、歯を失う可能性がでてきます。
むし歯にならないことがベストですが、もしもむし歯になってしまっても簡単に治療を終わらせることができるよう、日頃から定期検診などで歯の状態を注意して観察するようにしてみましょう。