八王子駅の歯科・歯医者なら、相沢歯科

電話予約

コラム

コラム COLUMN

意外と知らない、おすすめの入れ歯のお手入れ方法

皆さんこんにちは。
八王子駅の歯医者「あいざわ歯科」 です。

 

総入れ歯や部分入れ歯をお使いの方は、毎日入れ歯のお手入れをなさっていると思います。
ですが、そのお手入れ方法、本当に合っていますか?

 

入れ歯と口臭

入れ歯は天然歯よりも汚れが付着しやすくなり、細菌が増殖しやすい環境になりやすいため、口臭を引き起こしやすくなります。

入れ歯の材料にはさまざまな種類があり、材料によっては、材質がやわらかくて吸水性があり、唾液や細菌がしみこみやすくなるため、吸収されたにおいは口臭の原因につながります。
これを防ぐには、臭いや汚れの付着しにくい材料を使った入れ歯を選択することもひとつの方法です。

また、部分入れ歯は複雑な形をしていることが多く、さらに汚れがつきやすいため、しっかりお手入れをしないと強い臭いの原因となります。

 

お手入れ方法

義歯用ブラシか歯ブラシを使用して、流水にさらしながら入れ歯の表面のネバネバとした汚れを洗い流していきます。

次に、水かぬるま湯に入れ歯洗浄剤を入れ、入れ歯全体が浸るようにします。
洗浄剤を使用すると、ブラシだけでは落としきれない汚れを除去できます。
1日1回は義歯洗浄剤を使用して清掃しましょう。
入れ歯を浸し終わったら、浮き上がった汚れや洗浄剤を義歯ブラシでしっかりと洗い流します。

また、このような方法以外にも、超音波を使用した入れ歯用の洗浄器で洗浄する方法があります。
入れ歯の洗浄に適した超音波振動で、入れ歯全体の汚れを除去します。
製品の使用法に従い、専用の洗浄剤を併用することで入れ歯を効果的に清掃できます。

入れ歯本体を掃除するほかにも、ご自身のお口の中もきれいにすることも大切です。
とくに入れ歯がかかっている歯は汚れがたまりやすいため、丁寧に磨きましょう。

 

お手入れの注意点

入れ歯を掃除する前に、落下時の破損や紛失の防止のために、流しに水をためるか、洗面器に水を張るなどしておきましょう。
また、入れ歯を傷める恐れがあるため、60度以上の熱いお湯は使わないようにしましょう。

また、入れ歯の内側のくぼみ、歯と歯の間、バネのまわり、入り組んだ形の部分は入れ歯に汚れが残りやすい所です。
とくに注意して掃除しましょう。

 

まとめ

長く入れ歯をお使いの方ほど、お手入れが自己流になっていることがあります。
ここで一度、初心に戻ってお手入れ方法を見直してみてはいかがでしょうか?