八王子駅の歯科・歯医者なら、あいざわ歯科

電話予約

コラム

コラム COLUMN

クリーニングとホワイトニングのちがいって?

皆さんこんにちは。
八王子駅の歯医者「あいざわ歯科」 です。

 

今、歯科医院で人気の高い「クリーニング」と「ホワイトニング」。
このふたつの違いを正しく理解していますか?
歯をきれいにしたい、白くしたい、と思ったとき、どちらを選べばいいのでしょうか。

今回は、ホワイトニングとクリーニングの違いをご説明します。

 

クリーニングとは

歯科医院で行うクリーニングでは、主に歯垢や歯石の除去が行われ、スケーラーなどの特殊な器具を使って歯や歯ぐきに付着した汚れを落とします
また、専門的なクリーニングによってお口の中の汚れをきれいに取り除くことで、唾液の状態を改善することにもつながり、口臭予防やむし歯・歯周病のリスクを抑えることができます。

クリーニングでも歯をきれいに磨くため、歯の表面が白くなることがありますが、汚れを取り除くことによってお口の中の細菌をコントロールして、むし歯や歯周病のリスクを軽減するということが目的です。

 

クリーニングとホワイトニングのちがい

歯のホワイトニングとは、特殊な薬剤を用いて、歯の余分な色素を落とすことで白くし、見た目をきれいにすることです。

歯を漂白するため、汚れを取り除くクリーニングとは行うことがまったく違います。
歯の表面の着色や変色であればクリーニングでもできますが、内部にまで変色が及んでいる場合はホワイトニングによる漂白が必要になります。

 

クリーニングのメリット

ホワイトニングは審美的な要素が高いため、「歯をより美しく保てる」というメリットがあります。
たとえば、接客業や営業など、普段から人と対面で接する機会が多い職業の方などは、印象が良くなるため、ホワイトニングが効果的です。
ほかにも結婚式や面接といったイベントを控えている方、歯の黄ばみでお悩みの方にもメリットがあります。

また、食事や喫煙などが原因で歯の変色が奥深くまで浸透している場合、通常のクリーニングでは改善しきれませんが、ホワイトニングであれば色素を落とすことが可能です。

 

まとめ

このように、クリーニングとホワイトニングでは、はたらきや目的が異なります。
ですが、どちらも「歯をきれいにする」ことが可能ですので、クリーニングで歯の表面の汚れを落としてから、より歯を白くするためにホワイトニングをするのもおすすめです。

歯の白さは多くの人の憧れで、素敵な笑顔の象徴です。
どちらも定期的に行って、美しい歯を保ってみませんか?