八王子駅の歯科・歯医者なら、あいざわ歯科

電話予約

コラム

コラム COLUMN

インプラント治療をより正確にするCTのチカラ

皆さんこんにちは。
八王子駅の歯医者「あいざわ歯科」 です。

 

当院では「歯科用CT」を導入しています。
今回は、この歯科用CTについてご説明します。

 

CTで何をみているの?

CTは、コンピュータを使用したデータ処理と画像の再構成によって断層写真を見ることができる装置です。
レントゲンは2次元ですが、歯科用CTでは3次元画像で、立体的な画像で患者さまの顎の骨の形や神経の位置などを把握することができます。

歯科用CTを使うことで、インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入位置を決めるための検査や、歯周病の進行具合の確認、親知らずなどの歯や血管がどのような状態で生えているかなどが正確にわかります。

CTで撮影された画像は専用ソフトを使ってすぐに診察台のモニターでご覧いただけます。 様々な角度から3Dの映像で見ることができますので、患者さまが理解しやすいように画像を見ながらのご説明が可能です。

 

CTを使用するメリット

従来のレントゲン撮影は、立体の物を平面で見て判断するもので、周囲の骨や神経の位置を知ることができませんでした。
歯科用CTは、立体的にあらゆる角度から見たい場所の断層を鮮明に見ることができますので、レントゲン撮影だけでは判断の難しかった症状を発見することが可能になりました。

また、歯科用CTは前述したような治療を行う上で非常に有効で、危険を回避し、計画的な治療ができます。
とくにインプラント治療で効果を発揮します。

2009年から2011年までに、インプラント手術の際に神経・動脈を傷つけてしまう事故が158件も報告されています。
このような事故を防ぐには、まずCTを撮影を行い、それをもとに手術計画を立てることが必要不可欠です。
また、痛みを察知する神経は枝分かれしていることもよくありますので、その枝分かれを歯科用CTで確実に発見し、その位置を確定し、枝分かれを避けてインプラントを埋め込む必要があります。
これは普通のレントゲンでは不可能なことです。

 

被ばくの危険性について

歯科用のCTの被ばく量は約0.2ミリシーベルトで、医科用CTの20~40分の1程度です。

この量は、飛行機で東京からニューヨークに行く時と同じくらいの被ばく量です。
パイロットや客室乗務員の方が被ばくによる健康被害がないことからも、極めて安全な量といえます。

 

まとめ

このように、今の歯科治療には歯科用CTは欠かせないものとなっています。
さらに、CT画像を読み解き、しっかりとした治療計画を立て、治療する技術も必要です。

当院では経験豊富な歯科医師が丁寧に治療を行っておりますので、安心してご来院ください。